投資顧問・別府孝男の株の話

出来高急増と値位置の関係

前回は、出来高の考え方や出来高急増によります仕込みの方法をお教えしましたが、本日は「出来高急増の株価の位置の確認が重要」のお話を致します。

【出来高急増と値位置の関係】

仕込みの値位置が良いことを前提に説明しましたが、値位置についてから説明致します。

●値位置
株価は上昇してからでなければ底の確認は出来ないと言うことを知ることです。
そうしますと、ある一定の条件の根拠を持って、仕込みのレベルとする以外は、ないわけです。
この事を条件に、値位置が良いレベルを述べておきましょう。

●値位置はチャートで確認
皆様でも出来る方法を申しますが、ネットや市販されているチャートブックでも良いですので、チャートを見てください。
株価の値動きがあまり動いていない時期のケースからですが、まず、日足、次に週足の順で必ず見てください。
日足チャートは、約6ヶ月以上見れますので、銘柄によって違いますが、過去の株価を参考にしてもらい、一定のレベルまで来たら、上昇しまた下落、そして、また一定の水準に来ましたら、上昇するという事が分かると思いますので、その反発しているラインを探してください。
同様に週足も行ってみれば約3年分が分かりますので、さらに、確率は高くなりますし、また、その銘柄の習性もわかりますので、探した株価の値位置で仕込むようにすれば、少なくともリスクは相当軽減出来ているはずです。

次回はすでに動意づいている銘柄をどのように対処するかをご説明いたします。
[PR]
by beppu600 | 2005-12-27 17:04 | 仕込みのポイント