「ほっ」と。キャンペーン

投資顧問・別府孝男の株の話

カテゴリ:売却の方法( 4 )

5

今回は、「5.戻り売りのタイミング」の方法をチャートを添付しますので勉強していきましょう。

ローソク足の見方がわからない方は、まず下記をクリックしてください。  

●「ローソク足の見方」 ココをクリック

また、下記をクリックしますと「5.戻り売りのタイミング」のチャートがありますので開くか、印刷をしてください。  

●「5.戻り売りのタイミング」 ココをクリック   


早速、「5.戻り売りのタイミング」の水準を見ていきましょう。
チャートを開いていただきますと
A:まず、1番と2番に丸(○)をしておりますのでご覧ください。
・2番の○の水準は、7月20日から下落が始まり、一旦横ばいになった水準です。
・1番の○の水準は、2番の水準からさらに、下落し反発をしたものの、555円近辺から大きく下落した水準です。

B:2番(600円手前)の水準、そして、1番(560円近辺を高値)の水準を経て、8月17日470円をそこに反発をしている仮定で、これから「5.戻り売りのタイミング」を説明していきます。

C:8月17日470円から戻る過程では、まず1番の水準を目処にふつうの波動は、向かうことが多いです。
理由=1番では反発を期待し、4日間ぐらい550円を中心にもみ合いをしております。このもみ合いが戻りの時のシコリになるわけです。

検証=「このレベルで売り圧力」と記入している株価のレベルをご覧ください。
9月7日571円を高値に550円前後で8日間ぐらい横ばいしており、売り圧力があるのがわかります。
・そのため、このように横ばいから下落している水準は、一旦戻り売りをしなければいけない水準と覚えてください。

D:次に9月27日高値584円まで再度上昇してきたものの560円近辺で横ばいし、それ以上株価の伸びはない状況で再度押されていますね。

検証=Dの現象は、9月18日528円から反発し、この時の反発の目標は、9月7日572円を目指すのが目標な訳です。
・そのため、572円を通過した時点で一旦終了した訳です。「直近高値で売り圧力」と書いてある位置(水準)を参照してもらい、反発してきたら、一番近ところ高値で一旦売りと覚えてください。

参考(まとめ)
・9月7日572円」近辺は、1番でシコリがあるため、一旦売り。
・9月27日584円近辺は、9月7日の直近高値が目標のため、一旦売り。
・10月29日586円近辺は、9月27日の直近高値が目標のため、一旦売り。

以上のように、戻り売りのタイミングの見つけ方は、過去において、シコリの水準は、どこにあるのか。また、直近高値はどこのレベルなのか。の2点を身につけることです。

今回申しましたポイントは、今後の実践で売りのタイミングに使用してみてください。良い体験ができるはずです。
売却の方法を1から5まで、チャート使用し説明をしましたので一旦このテーマを終了します。
[PR]
by beppu600 | 2008-03-04 16:12 | 売却の方法

今回は、売り場仕方の中の「4.一定の出来高が出現したら売却。」をチャート見ながら具体的に調べていきましょう。

● ローソク足の見方がわからない方は、まずココをクリックしてください。 

ココをクリックしますと売り買いのタイミングのチャートがありますので開くか、印刷をしてください。

早速、「4.一定の出来高が出現したら売却。」の注意点を申します。

ココをクリックしますと、4.一定の出来高が出現したら売却のチャートがありますので、開くか、印刷をしてください。 

まず、買い付けをしました「日足のチャート」を見ます。
過去にさかのぼり、波動の大きさは、別にしピークを打ったときの出来高をチェックします。

チェックの見つけ方

1.買い入れた銘柄の上昇して、下落している個所の波動を探します。
2.上記で、ピークの株価をつけた日を見つけます。
3.そのピークを打った日前後のの出来高を記録しておきます。
4.上記3.で行なった事を何点か同様に出来高を記録します。
5.何点か見ますと、ある一定の出来高が出来た時点で、一相場が終わっている共通点画ある事に気付かれるはずです。
6.上記1から5までチェック入れました事を、買いを入れた時に把握し、チ ェックした出来高が出来た日に売却をする。

まとめ
出来高が異常に膨れあがった時、翌日から株価が下落するケースがままあります。
各銘柄には出来高のキヤパシティ(最大容量)があり、一定水準以上の出来高が増えると一相場が終結する特性があるからです。
まず日足チャートで一相場つけたところを探し、ピークの前後で出来高が大きく膨れている所を探します。出来高は、その銘柄がピークを打つ有力な目安になります。
出来高近辺に膨れたら、売却すれば良いのです。

この事は、非常に高確率で投資成果が変わってきます。
次回は、「5.戻り売りのタイミング。」の方法をチャートを添付しますので、勉強していきましょう。
[PR]
by beppu600 | 2008-01-30 15:30 | 売却の方法

売り方のポイントは、下記の事が考えられます。
1.陽線は、3本目または、4本目で売却。
2.長い上ヒゲが出現したら売却。
3.長大陽線が出現したら売却。
4.一定の出来高が出現したら売却。
5.戻り売りのタイミング。

今回は、「2.長い上ヒゲが出現したら売却」をチャートを見ながら具体的に調べていきましょう。
ローソク足の見方がわからない方は、まずココをクリックしてください。
「ローソク足の見方」。
クリックしますと売り買いのタイミングのチャートがありますので開くか、印刷をしてください。

まず、「2.長い上ヒゲが出現したら売却」で注意点を申します。
1.ローソク足の長方形の上に一日の高値が一本線で上下に書いてあるのが、上ヒゲといいます。
2.この上ヒゲの大きさは、高値と終値、また、高値と始値の差を描いております。
3.この上ヒゲの大きさは、銘柄によりまた、その時の相場状況にも変わってきます。
4.しかし、面白い事に、銘柄により大きさがある程度決まったいる点注目する事です。
5.通常の上ヒゲと株価がピーク近辺でできる大きさの違いがあります。
6.ピークを迎える時の上ヒゲは、上ヒゲ通常の上ヒゲが長い事が理解できると思います。
7.その共通点を探すには、まず、波動の中で株価が下落する前上ヒゲの大きさを知ることです。
8.その大きさは、6.で申した通常より長い大きさであり、この大きさは、各銘柄により違いますので、「通常より長い上ヒゲを株価のピークを打った過去のデータの大きさを何点か検証し、この銘柄の上ヒゲの大きさを把握してください。
9.上ヒゲの大きさが分かりましたら、買いをした時に検証して決めた上ヒゲ大きさの上ヒゲが出たら売るように心がけしてください。 投資成果が変わってきます。

次回は、3.長大陽線が出現したら売却の方法をチャートを添付しますので、勉強していきましょう。
[PR]
by beppu600 | 2008-01-29 18:28 | 売却の方法

1

株式で唯一、利益確保の確率をあげるの最大の重要な方法は、今まで学習しました「株価は出来高と値位置」、「実践で役立てる」カテゴリーの事項である事と確証しております。
どうぞ、何回も読んでいただいた上で投資成果にお役立てください。

今回は、売り場仕方を具体的に学習していきましょう。

ココをクリックしますと、6378東1木村化の価格表とチャートがありますので、開くか、印刷をしてください。
6378木村化を6月28日751円で買う事ができた仮定で、売りの仕方を勉強してみましょう。

売り方のポイントは、下記の事が考えられます。
1.陽線は、3本目または、4本目で売却。
2.長い上ヒゲが出現したら売却。
3.長大陽線が出現したら売却。
4.一定の出来高が出現したら売却。
5.戻り売りのタイミング。

まず、1.の説明から入ります。 チャートをご覧になって頂きますと、チャートの中に四角で囲んでいる個所が2箇所あります。陽線が4本立っている所と、もう一つが陽線3本と寄り付値が高く寄った陰線の所です。
そこには「陽線は、3本目または、4本目で売却」と書いてありますが、陽線は、3本目に売却の時と、4本目に売却との2種類あります。このケースは、約8割以上が売却が正解することが多いことが私の経験上確認されております。
また、この日足の積み重ねが、週足もまた、「週足陽線は、3本目または、4本目で売却」という事があり、原則的には、この事を踏まえて投資される事を希望いたします。
売り場面は、上昇相場の中でも、この3日または、4日の周期で行なわれている事が多く、その後下落する銘柄と、横ばいをし、値固めし、再度上昇という事になります。ですから、売却をする時、特に利益が思うように取れないとき、売却のタイミングに迷われるケースは確かにありますが、あえて、この売却方法を取り入れてみてください。結果満足していただけるはずです。

利幅取りは、買いの基準で決まります。けして、ご自身の買値からの幅ではないことを再度確認しておきましょう。その為、このコーナーでの買い方を再度読み直してください。
注意事項は、小さな陽線も数の内にしてください。この事を守るだけで、売却が楽になります。

次回は、2.長い上ヒゲが出現したら売却の方法を勉強していきましょう。
[PR]
by beppu600 | 2008-01-29 18:22 | 売却の方法