「ほっ」と。キャンペーン

投資顧問・別府孝男の株の話

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「別府孝男さんのこと」 高橋三千綱

別府孝男さんのこと 高橋三千綱
d0022822_16314449.jpg
■高橋三千綱プロフィール
『退屈しのぎ』で群像新人文学賞受賞。
『九月の空』で第79回芥川賞受賞。
「週刊パーゴルフ」にて『クラブチャンピォン物語』、「ドックワールド」にて『明日のブルドック』を連載中。『ハローマイラブ』『こんな女と暮してみたい』『挑戦の世代』『あの人が来る夜』『フェアウェイに見る夢』『空の剣』など五十冊以上の著書がある。
ホームページは こちら。


 別府孝男さんに初めてお会いしたのは、1999年のことである。小説の取材のため、兜町で仕事をしている人にインタビューをしていたのだが、ブローカーと称する人、極秘情報を持っているという人、仕手株の本尊とつながりがあるという人など、怪しい人物ばかりがゾンビのようにぞろぞろ出てきて、ここには詐欺師と泥棒しか存在していないのではないか、とほとほとうんざりしたものだった。
 そういう人の中で唯一「正しい」投資顧問業者がいると聞いてお会いしたのが、別府さんだった。彼の会社は、投資顧問業としては当時、唯一、会社四季報に広告の掲載を許されていて、その意味でも正統派の会社であることが証明されていた。正しいと思う第一の理由は、投資顧問会社としては画期的な成功報酬で商売をしいているからである。
 以来、なにかと別府さんに教えを乞うことになった。おかげで、株に関してはまったく無知だった私も、株式のしくみ、株価が動く要素、その奥でうごめく魑魅魍魎のすさまじさを学ぶことができた。そうして書いた小説は、いづれ作品集として刊行する予定である。
 別府さんにブログをつくることを勧めたのは私である。彼は大変な苦労人である。宅配人をしていたこともあるし、また、あるインチキ投資顧問会社に勤めたときは、顧客を思いやったために、同僚や上司から無茶苦茶ないじめにあったこともある。
 そんな経験を経て生まれた株式会社「ノーブル」をひたむきに愛している別府さんの人となりを、多くの人に知ってもらいたいと思うのは、自然の気持ちの成り行きである。いってみればこのブログを通して、別府孝男ファンクラブが生まれればいいと願っている。そのファンの中に、彼の創作する陶器に思いをはせる人が混じれば、さらに別府孝男ファンクラブは奥行きを増すはずである。
[PR]
by beppu600 | 2005-06-29 13:58 | 高橋三千綱「別府さんのこと」

チャートブックの見方

皆様がチャートをみるときに、陽線・陰線・上ヒゲだとか色々なものを気になされると思いますが、まず一番大事な点は、チャートを1mくらい離れてご覧になって頂きたいということです。
チャートを一つの罫線ではなく、絵としてご覧になって頂きたい。
数ヶ月間のチャートは市販されているどのチャートブックでも書いてあります。
絵で見ればどこが底値なのか、大体で構いません。その大体の底値ラインをどの位置にするか分かってくるはずです。
簡単に申せば、その値位置(値段の位置)、底値圏が分かればそれに近づいたものだけを買っていく。
そこに注意点が3つあります。
1つは出来高。そして値位置、そして皆様が好きな指標。私共でしたらNVRです。指標は何でも構いません。ゴールデンチャートに書いてある指標でも何でも構わないのですが、この3つを備えたものだけを買い入れしていくということが、どなたでも出来る方法です。

これから一つ一つ例をとりながら、皆様に講演会では出来ない私のノウハウをゆっくりと公開してゆきたいと思っております。
[PR]
by beppu600 | 2005-06-28 00:32 | チャートブックの見方

「おはよう株式」 ラジオNIKKEI

毎週水曜日、ラジオNIKKEI第一放送で、朝8:30より約10分間「おはよう株式」の番組を行っております。

その内容はまず日経平均の一週間、放送日から一週間以内の日経平均の動向、それも1円単位まで。そして、注目銘柄を放送しております。
どなたでも聞くことができます。ただし、ラジオNIKKEIですので短波放送になります。短波放送が聞けるラジオをお持ちでない方のために、私が放送している内容を朝の寄りつきまでの間に「おはよう株式」のホームページで、わたしがお話した内容をテキスト化してありますので、ご覧になって下さい。
 
年2回の番組「やっぱり株がすき」は、7月の海の日と12/23天皇誕生日に大型番組を放送しております。こちらは日経新聞に番組が宣伝を出しますのでご覧になってください。

投資顧問会社を経営していて、何のために無料でラジオをやっているのかとよく質問されるのですが、やはりそれも私のやり方、手法を一人でも多くの方に間違ったやり方ではなく、正しいやり方を身につけていただきたいと、その一例として銘柄を例に出しております。
その中には当社が開発した独自指標NVRの説明も入ってきます。
NVRは出来高と値位置と株価の水準とそ れを現したものが指標になっています。これを一人でも多くの方に伝えたい。当社のNVR、この指標を伝えたいという思いもあります。
ただ第一に思うことは、あなたでも一人で出来るんだと、そのためにNVRを利用しなくても好きな指標で構いません。その代わり出来高と値段の水準、どういう風に見分けるかだけ会得してして欲しいという思いです。
[PR]
by beppu600 | 2005-06-28 00:30 | ラジオNIKKEI

ご挨拶

(株)ノーブル 代表取締役、別府孝男です。
私は現在、ラジオ番組と雑誌の原稿を執筆しながら、投資顧問会社2社を経営しております。

このブログを立ち上げた目的は、株を覚えるにあたって間違いをしないで覚えて欲しい。年をとっておじいちゃん、おばあちゃんになってもゆっくり株式を見ることが出来る。楽しみながら株をやれる方法を伝えたいと思ったからです。
株式にベテランも素人もありませんので、間違った形で株式を覚えたら単なり売り買いだけで、損した得したになってしまう、そうじゃなく株式の特性を知ることによって間違いを極力少なくする方法があるんだよということを伝えたいのです。

株式で一番大事な点は、情報とテクニカルということになりますけれど、皆様達はある程度勘違いをしておりまして、情報に重きをおいてみたりしているようですが、私が一番皆様に伝えたいことは、株式の特性、株式の特性とは何か。株式は必ず証券会社を経由してでないと買えない。
誰もが知っているけれどそれを無視してしまう。このことが一番大事な点です。
結論から申せば、証券会社に株を注文する。そのことだけはこの株式市場で唯一の真実であり、そのことをいかに特性を知るか、この特性を知ることによって株式すべてを分かったといっても過言ではない。何故かというと、皆様は情報を重視致しますが、その情報というのは出来高にすべて現れます。
出来高は証券会社を経由した枚数です。ということは、いくら情報を先行しようとしても、買い注文が出なければ証券会社から経由した出来高が現れない。
逆に思惑で、ある筋でも仕手でも機関投資家でもディーラーでも外務員でも、先回りをしようとしても証券会社を経由することにより出来高が増える。そのことによって皆様方も出来高が増えたなということが分かってくるはずです。
今まで投資顧問をやっておりますが、ときには情報に流され、ときにはテクニカルだけを重視し失敗し、そして皆様方にご迷惑をかけたこともありますが、最後にこの出来高に注目することが全てのことを知るといっても過言ではないです。
[PR]
by beppu600 | 2005-06-28 00:22 | ご挨拶