「ほっ」と。キャンペーン

投資顧問・別府孝男の株の話

<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

すでに動意づいている銘柄

前回は、「出来高急増の株価の位置の確認が重要」のお話を致しましたが、本日はすでに動意づいている銘柄をどのように対処するかをご説明致します。

【すでに動意づいている銘柄】

既に株価が道意づいている銘柄にのるケースもあるはずです。
このときは、まず、週足を先に見て、週足の陽線が1本目までの位置なのかを確認します。
そして、この事が確認しましたら、次に日足を見て、仕込もうとする日が「陽線2本目まで」なのかを必ず確認してください。
もし、気づいた日が「陽線3本目」でしたら買いはひかえた方が賢明です。
この事が、「値位置が良い」というレベルの意味な訳です。

ここまでで、「出来高急増」の意味、「値位置が良い」という説明はお解りになったと思いますが、最後の3つ目ですが、チェックして頂きたい事があります。
それは、指標なわけですが、チャートブックの下についている各社の指標や、STC・RSI・DMIなどご自分の好きな指標の買いシグナルも参考にしてください。

私の場合はヒット投資の本にも書いてありますが、出来高と株価のバランスを独自で開発しました、ノーブルベクトルレシオを使用しておりますが、どの指標でかまいませので、ご自分が合う指標で買いのシグナルがでたときに併用して、仕込むのも一つと考えます。

●テクニカルのまとめ

ここまでで、私のテクニカルの分析の考え方と急騰銘柄を選定する方法の一部を公開しました。
株式はプロもアマもありませんから、是非、今回申しました株式の考え方を理解して頂きましたら、私と同じく選定が出来ます。
しいて、皆様と違う点をあえて探しますと、これが私の仕事の為、これまで申しました事をパソコンで自動的に検索をかけている点だけで、全て私が行っている事を正直に公表致しました。
プロもアマもない。
この考えは、プロもアマもないことを意識してください。

仕込みの時期をまとめますと、
 1.出来高が前日よりも倍、または、一桁急増した銘柄を事前に
   ピックアップしておくこと。
 2.出来高ができた時点の銘柄で値位置が良いものを選ぶこと。
 3.出来れば好きな指標も参考にする事。


この3点が兼備わっているモノだけを選んでいただければ、私と同様に銘柄の選定が出来ます。
是非、投資成果につなげていただければ幸いです。
[PR]
by beppu600 | 2005-12-27 17:17 | 仕込みのポイント

出来高急増と値位置の関係

前回は、出来高の考え方や出来高急増によります仕込みの方法をお教えしましたが、本日は「出来高急増の株価の位置の確認が重要」のお話を致します。

【出来高急増と値位置の関係】

仕込みの値位置が良いことを前提に説明しましたが、値位置についてから説明致します。

●値位置
株価は上昇してからでなければ底の確認は出来ないと言うことを知ることです。
そうしますと、ある一定の条件の根拠を持って、仕込みのレベルとする以外は、ないわけです。
この事を条件に、値位置が良いレベルを述べておきましょう。

●値位置はチャートで確認
皆様でも出来る方法を申しますが、ネットや市販されているチャートブックでも良いですので、チャートを見てください。
株価の値動きがあまり動いていない時期のケースからですが、まず、日足、次に週足の順で必ず見てください。
日足チャートは、約6ヶ月以上見れますので、銘柄によって違いますが、過去の株価を参考にしてもらい、一定のレベルまで来たら、上昇しまた下落、そして、また一定の水準に来ましたら、上昇するという事が分かると思いますので、その反発しているラインを探してください。
同様に週足も行ってみれば約3年分が分かりますので、さらに、確率は高くなりますし、また、その銘柄の習性もわかりますので、探した株価の値位置で仕込むようにすれば、少なくともリスクは相当軽減出来ているはずです。

次回はすでに動意づいている銘柄をどのように対処するかをご説明いたします。
[PR]
by beppu600 | 2005-12-27 17:04 | 仕込みのポイント

仕込みのポイント

前回は、初動についてをお話しし、「初動を仕込みたい」のではなく相場になる要因のある銘柄を事前に仕込む事を申し上げましたが、続きを申します。

本日は仕込みのポイントを申し上げます。
仕込み時期のポイントは「値位置が良く、通常よりも出来高が倍以上、または、一桁増加」したタイミングに仕込むことです。
仕込みの期間この仕込みは1日で終わるケースと、いきなり大きな相場にスタートするケースや、数日間仕込み、その後、期間を空けながら、再度仕込み、大きな仕込をするケース、また、仕込みを終わった後、数日、また、数週間、さらに、数ヶ月(六ヶ月間)も放置してから、大きな相場をスタートすることがあります。
いずれにしましても値位置が良いところで、出来高が急増した要因の銘柄は、いずれ早い時期に相場が来る可能性がありますし、仕手本尊でない限り、どのやり方をしても、これ以上の銘柄選定はないと考えます。

さて、これまでは、出来高の考え方や出来高急増によります仕込みの方法をお教えしましたが、次回は「出来高急増の株価の位置の確認が重要」のお話を致します。
[PR]
by beppu600 | 2005-12-19 16:40 | 仕込みのポイント

初動 2

前回は、初動についてをお話しし、週足のチャートまた、日足のチャートでも横ばいで、値段が動いていない時に仕込みが行われているケース(値位置が良い)が私の経験では多い事を申し上げましたが、続きを申します。

初動を見つけるためには、値位置(現在値)と出来高の関係をしっかりと身につけておく事が重要になります。
値段の位置については、次のところでお話しするとして、値位置が良い銘柄を決定したと、致しましょう。
そう致しましたら、仕込もうとします機関(仕手でも・機関投資家でも・興味を持って大量に仕込もうとしている集団.....)は、まず証券会社に買い注文を入れるわけですが、1株とか、個人投資家ではありませんので、少量の株を仕込みませんから、それ相当の株数を注文するわけですね。
そうしましたら、どうでしょう。何が変わるでしょうか。
株価は当然、動きますが、この段階では、株価よりも出来高に注目して欲しい訳です。
出来高は、当然増加するわけですが、例えば、2桁の出来高がいきなり前日よりも倍以上、また、一桁違う出来高が急増する結果となるわけです。
ここで理解して頂きたい点は、仕込みをしようとすれば必ず証券会社を経由しなければならないため、どのような小細工をしようと出来高は注文の枚数ですので、絶対にごまかすことが出来なく、全て出来高に現れてくる原理を身につけてください。

もう少し具体的に申しましょう。
仕込みは出来高という足跡を残すわけです。
仕込みをした足跡が見受けられると言うことは、理由はともかく株価に対し、上昇期待があるから仕込んでいる訳ですね。
もうお解りのように、「初動を仕込みたい」のではなく相場になる要因のある銘柄を事前に仕込むことが重要な訳です。
次回は、このようになった時点での仕込みのポイントをお話いたします。
[PR]
by beppu600 | 2005-12-08 18:09 | 初動について

初動 1

初動についてをお話しいたします。

良く「株式の初動で買う方法はどのようにすればよいのですか」と言います質問を聞かれますが、初動という意味を考えてみましょう。

初動と言うことは、動いて初めて、過去の結果として、「あれが初動だったのか」がわかる訳です。
「初動は上がってからしか判らない」のなら、なるべく初動になるための要因が備わっている銘柄を見つけましよう。
ここで間違ってはいけないことは、今後、「動きそうな銘柄を発掘する」という事であり、「すぐに動く銘柄」を見つけるためのモノではありません。
結果として、経験上、これから述べることは、なるべく短期間で、出来れば利益がでるための「最低行わなければならない要因探し」の方法を申している訳です。
その為には、出来高の意味がわからなければ、理解できませんので、このことをしっかり覚えましよう。
ある銘柄を割安と感じている人や、興味を持っている特定筋がいたとしましょう。
この人達に、なり代わり仕込むつもりでいて下さい。
まず、仕込む前に、考えつくことは、株価の位置なわけですが、今後「値位置」と言わせてもらいますが、仕込む側も安いところで仕込み、買いたいですよね。
ということは週足のチャートまた、日足のチャートでも横ばいで、値段が動いていない時に仕込みが行われているケースが私の経験では多いと判断することが出来ます。
[PR]
by beppu600 | 2005-12-08 18:04 | 初動について