「ほっ」と。キャンペーン

投資顧問・別府孝男の株の話

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

7

本日は、「安値と言う場所」の中の
原則
買いたい時の中の
 「底値:上昇してからでないと底はわかりません。」を考えて見ましょう。

前回までは、買いたい時の中の「安値」を詳しく説明しましたが、今回は、「底値は、上昇してからでないとわからない」をきちっと理解しましょう。

なぜ、このような事にこだわるかと言いますと、「この近辺(水準)が安値になるのでは」は、先週まで説明しましたような範囲で、皆様に私の持っているノウハウを教えられますが、底値に関しては、上昇してからでないとわからない、と思っております。
但し、底値近辺また、底だろうと言うレベルを調べる方法はあります。

1)日足6ヶ月間の下値と週足とを照らし合わせる。
2)現在水準が週足3年間分の中で安値近辺になっているか。
3)1.2が共通のレベルになっていれば確率の高い直近での底と見ることもできます。
4)週足で下値近辺ではなく、中段でのもみ合いも、上昇してから「ここが底だった」と言うケースも間々あります。
5)4の場合の確認の一つとして、月足で、現在価格がどのレベルかを見て、まだ高値に余裕がある事を確認する事によりある程度の判断はつくはずです。

上記のことを注意し底値近辺を探す努力はしてみましょう。
いずれにせよ、底値は、上昇してからでないと底値はわからないわけです。
それよりも上記1から5までをチェックするだけで、「きっと上昇してからやはりここが底だったか」というやり方をしている自分に出会えるはずです。

次回は、
原則
売却する時の
 高値:どこからの期間での、範囲の中での高値なのでしょうか。
を説明します。
[PR]
by beppu600 | 2007-04-24 16:43 | 自分自身の腕を磨く

6

本日は、「4.過去の動きから安値近辺なった状態」を説明いたします。
この投資の方法は、一番確立の高い方法と考えます。

A.まずどのような銘柄でもよいですので、日足のチャートを開いてみてください。
B.約6ヶ月間のローソク足が見れると思います。
C.この6ヶ月間の中で、安値近辺まで到達している銘柄を選定します。
D.概算でよいですので、上記の条件の大まかな値位置に来ましたら買いを入れる。
E.上記の期間の中で未だ株価が安値近辺まできていない時から、目をつけておき、その近 辺まできましたら指値をして買いを入れる。

*この投資の方法は、どなたでも行なえる方法で、株式の投資経験や情報もほとんど必要としません。
しかし、この方法は、株式の自然なサイクル=本来の株式の原則ともいえます。
私はこのように株式を捉えております。

1.情報は、調べても限度があり、限度以上の情報は漏れるはずが無いわけで、無いもの  ねだりの時間は、無駄と言う事になります。
「きっと上がる情報は有る」と信じるよりも「株式で信じられるものは何か・何を調べなくではならないか」に、時間を費やした方が良いわけです。
2.株式での真実は、株価と出来高しかありません。
情報は、株価後付けであり、株価の先行が情報を生むと考えます。
「この銘柄が上昇しますよ」と言う情報も、この言葉を信じるより、株式の玉の入り  方さえ注意する事により、真実か、また、ガセか、また、タイミングさえも株価の動  きで反映されるのです。
以上の事をしっかりと記憶しておく事により、大きな投資成果につながると考えます。

次回は、「安値と言う場所」の中の
原則
買いたいとき
  「底値:上昇してからでないと底はわかりません。」を考えて見ましょう。
[PR]
by beppu600 | 2007-04-24 16:40 | 自分自身の腕を磨く

5

本日は、「3.高い位置で横ばいをして押した状態」での安値の見極め方を説明いたします。
この場合のケースでの反発ラインの見極め方は、非常に難しいです。

g.下落している過程は、原則的に買いは控えたほうが良い。

 ・下落している中途の時に買いは、いれずに、反発または、
  横ばいを見て、ある程度の下値ラインを把握してからの
  方が良い。 

h.経験上申しますと、下記のことに注意をして買いを入れてください。

 ・過去を見て、上昇をし始めた個所を見つける。
  (今回の高値まで上昇しましたスタートの個所)
 ・上記のポイントで、まず下げ止まる事を前提に株価を見る
  意識をする。
 ・上記のポイントは、非常に確率が高いレベルで下げ止まる
  ケースがあるので、一旦打診買いを入れる事をお奨めします。
 ・もう一つの見極め方は、上記のレベルまで下落し、反発の強
  さを見る事です。
  極端な話、下げている時は、買いをいれず、強いを判断した
  ら買いが一番の感じなわけですが、このようなことを申しま
  しても分かり難いですので、下記の事を注意し買いを入れて
  ください。

   A:1.寄付き値が前日の終値よりも高く寄り付いた事を確認  
     2.前日の安値を割らなくなった事を確認
  上記の2つの条件が揃ったときが反発のシグナル

   B:1.前日の終値よりも安く寄り付いた時でも、当日の寄付きよ
   りも終値が高く引けた場合、いわゆる陽線が立った時は、
   反発のシグナルの一つ。
  2.前日の安値を切ってしまった場合でも大引けで陽線になれ
   ば反発のシグナルの一つ。
   上記が買いのシグナルのヒントです。

次回は、「4.過去の動きから安値近辺なった状態。」を説明いたします。
[PR]
by beppu600 | 2007-04-24 16:35 | 自分自身の腕を磨く

4

「2.上昇した後、横ばいをしている状態」の見極め方を説明します。
この場合のポイントは、下記のことを実行してください。

e.上昇3日または、4日目で売り、また、長大陽線が出たら翌日売り、さらに、上ヒゲが 出たら売りを原則として、上昇した場合の売却方法は、このブログをご覧になった人 は、修得されていると思います。
この前提で、売却した後の株価動きが、横ばいし、その下値がある程度そろってきましたら、そろった下値近辺で指値で買いをします。
ここでの注意は、今申しましたように、事前に横ばい下値を確認が出来た時点で、多少の余裕を見た上、その下値近辺で指値買いをする。
(上昇してからではなく、横ば いを確認できた時点がさらに有効)

f.上昇してからの横ばいですので、下方へ振れるというリスクがあります。
このために、下記を注意し、対処してください。
買値は下値固めの近辺で買いをしているわけですが、それでも下方へ振れ場合は、次の 2点を注意して対処してください。
 
・直近安値から数円(銘柄による)を引いた値段を見切り売り水準とする事。
 (一旦売却し次の横ばいで再チャンスを狙う)
・上記の判断がつきにくい場合は、買値から1割の下値で売却の段取りを買
 いが確定した時点で、事前に決めておき実行すること。

このようにeとfを組み合わせで行なう事が大切です。
[PR]
by beppu600 | 2007-04-13 17:14 | 自分自身の腕を磨く

3

前回は、「安値と言う場所」について考えましたが、本日は、その中身を一つ一つ詳しく説明していきましょう。

●原則

買いたいとき
 安値:どこからの期間の範囲の中の安値なのでしょうか。
 底値:上昇してからでないと底はわかりません。

売却する時
 高値:どこからの期間の範囲の中の高値なのでしょうか。
 目標値:上昇してからでないとわかりませんが、ある一
     定のやり方はあります。

まず前回は下記のことをピックアップしました。
具体的に安値といえる場所はどのような場所また、位置なのか洗い出して見ましょう。

1.株価が上昇した後、高値から押してきている状態。
2.上昇した後、横ばいをしている状態。
3.高い位置で横ばいをして押した状態。
4.過去の動きから安値近辺なった状態。

この4つぐらいが考えられます。

本日は、上記の中から「1.株価が上昇した後、高値から押してきている状態」の安値の位置について考えましょう。
考えられる事は、[どこの水準で底を打ち反転するのかまた、横ばいするのか]ですね。
このケースは、下記のことを実行して見てください。
基準が必要です。

 a.下落している時は買わずに見る事(安くなったので買いは危険)
 b.下値が止まり、反発に入った時に即買い(忙しいですよ。)
 c.下値の価格が2点(2日)以上、同価格近辺になっていること
  を確認したら、その価格 近辺で買い。
 d.下落する前の上昇過程の波動を見ます。その過程の中で、踊り場
 (横ばいから再度上昇しているところ)を探し、その近辺が一つの
  下げ止まりの目安になります。
  そのときは、上記cの状態で買いを入れる事です。

次回は、「2.上昇した後、横ばいをしている状態」の見極め方を説明します。
[PR]
by beppu600 | 2007-04-13 17:09 | 自分自身の腕を磨く

2

前回は、「自分自身の腕を磨く」のタイミングの見つけ方の買い・売りタイミングを少し見つめましたが、今回からは、一つ一つ詳しく説明していきましょう。

●原則

買いたいとき
 安値:どこからの期間の範囲の中の安値なのでしょうか。
 底値:上昇してからでないと底はわかりません。

売却する時
 高値:どこからの期間の範囲の中の高値なのでしょうか。
 目標値:上昇してからでないとわかりませんが、ある一
     定のやり方はあります。

上記の中の「安値:どこからの期間の範囲の中の安値なのでしょうか。」から考えて見ましょう。

株式は、安値で買いたいですよね。
買いたいという希望があれば、どのように「安値と言う場所」を探せばよいのでしょう。
今まではどうでしょう。安値で買いたいと思っていても具体的に「安値とは」を考えてみた事がありますか?

具体的に安値といえる場所は、どのような場所また、位置なのか洗い出して見ましょう。

1.株価が上昇した後、高値から押してきている状態。
2.上昇した後、横ばいをしている状態。
3.高い位置で横ばいをして押した状態。
4.過去の動きから安値近辺なった状態。

この4つぐらいが考えられます。
これだけ「安い位置」を具体的に考え付けば、後は、実際にどうなのかを考えて見ればよいわけです。

次回具体的に説明します。
[PR]
by beppu600 | 2007-04-13 17:06 | 自分自身の腕を磨く