「ほっ」と。キャンペーン

投資顧問・別府孝男の株の話

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10

本日は、売却する時、できるだけ高値で売却したい方法として、「2.中段もみ合いからの上昇なのか。」を考えて見ましょう。

中段もみ合いから、株価が上昇した時、どのような売り場面を見つければ良いかを考えて見ましょう。
中段もみ合いからですので、特に下記の事項を注意しましょう。

※1 中段もみ合いは、少しこの水準から下落する銘柄と、このもみ
   合いから上昇する銘柄の両面を持っておりますので、特に注意
   が必要です。
   押してから、最低2日間以上横ばいになり下値がそろい始めれ
   ば買いの水準がおおよそわかってきます。
   このときの買いのレベルは、なるべく「下値がそろった下値株
   価付近で指し値」を入れて買いましょう。
   また、上記の条件で下値がそろった為、下値株価近辺で指し値
   を入れて買った場合でも、買値を割り込み下落した場合は、こ
   の「横ばいの最安値(買値ではない)」から多少の水増し分
   (金額に直して、一万円程度=例46万円が横ばいの最安値な
   らば45万円)を株価が割るようでしたら、割り切って売却を
   してください。

本論に入りましょう。
上記のタイミングで買い、上昇した場合の、売りのタイミングを考えて見ましょう。

このときの注意点

1:まず、下落した前日の下値近辺が一つの売り水準になります。
  (下落寸前で買いを入れた方が、戻ってきた時に売りたくなり、
  これが売りの圧力になりがちです。)
2:1.の株価水準をクリアしますと、次に売りが出やすい基準は、
  目先の過去に少しづつ(一日づつ)戻って頂きますと上値また
  下値が揃っているところがあります。
  ここの水準が売り場面の候補になります。
3:2.の株水準をクリアしますと直近高値が売り目標でこの水準
  を超えた時、売却となります。
  (この時期になりますと出来高も大きく膨れ上がり、売りのシ
  グナルが出ているはずです。)

※2 「下値がそろった時点で下値株価近辺で指し値」を入れて買われた場合、1.と2.と3.の事を、事前に用意(メモ)し、特に1と2は、心の準備を早めにし、株価を見るようにしてください。
買いを行なった時から、事前に売りのタイミングを用意して、株価を見ているのですから、今までの売り方と一味、違っている自分を見出せますよ。

この事を守れば大きな売却の目安になり、投資成果は安定してきます。
是非実行されてはいかがでしょうか。
[PR]
by beppu600 | 2007-05-10 14:32 | 自分自身の腕を磨く

9

本日は、「1.底値圏から上昇なのか」から考えて見ましょう。

このタイミングは、上昇をした時の出発点が、底値・または、直近安値ですので、このケースは、売りのタイミングはつかみ易いです。

●売りを出すのタイミング
A:過去を見てどこの水準から急に下落しているかを
  市販のチャートブックまたネットの方は、チャートで調べる。
B:Aでの水準がわかれば、その急落する寸前の株価水準が一端
  の売り場面になります。
C:陽線(始値より終値の値段が高い)は、3本目(3日間)ま
  たは、4本目(4日間)で一旦売却です。
D:また、陽線が1本目・2本目でも下記のような状況になりま
  したら、即売りです。
  A.各銘柄によって陽線の大きさはまちまちですが、過去を見
   て、2倍以上の大きさの陽線が立ちましたら、翌日寄り突
   きで売却です。
  B.上ヒゲ〔当日の高値−(当日の始値と終値の実態)〕が過
   去の大きさを比 較し、大きい上ヒゲが出ましたら、翌日
   寄付き売却です。
E:当然ながら3本目また4本目が、Cまたは、Dの形が出まし
  たら売却です。

この事を守れば大きな売却の目安になり、投資成果は安定して来ます。
是非実行されてはいかがでしょうか。
[PR]
by beppu600 | 2007-05-10 14:27 | 自分自身の腕を磨く

8

本日は、こちらの原則の中の売却する時の
 「高値:どこからの期間での、範囲の中での高値なのでしょうか」
を説明します。

前回までは安値の値位置の意味を考えて見ましたが、今回からは、買いをしてから、売りぬく方法を考えて見ましょう。

まず、できるだけ高値で売りたいわけですので、いつもの通り、この「高値の位置」についてを、考えて見る事から始めましょう。

売りを考える時には、下記のことを意識してみましょう。

1.底値圏から上昇なのか。
2.中段もみ合いからのじょうしょうなのか。
3.年初来手前でのもみ合いからの上昇なのか。

この3項目ぐらいが上昇し始めるタイミングとして考えられます。
このタイミングの中を次回は、経験を踏まえた上で確率の高い売り場面の方法をお教えいたします。
[PR]
by beppu600 | 2007-05-10 14:21 | 自分自身の腕を磨く