投資顧問・別府孝男の株の話

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1

今回からからは、即実践に役立って頂く為に具体的にお話していきます。

以前に「1.株式の構成を知る(株式の動きを知る)と2.株式の盲点とは」を説明しましたが、どういう状態なのかから確認していきます。

1.「株式の構成を知る(株式の動きを知る)」では、
 a.株式は、買いを入れるか、売却するか、持続するかの
  3つの行動しかない。
 b.買いを入れる目的は→上昇を目的→そして利益の確保
  が最終目的。
 c.買いを入れた時は上昇するか・しないかの確立は50
  %・50%

をお話しましたが、この構成を知った上でどのような行動を起すかが重要になります。
そこで、以前に、もう一つ説明した事は

2.「株式の盲点とは」で申しました下記の事です。
 d.買いは必ず証券会社を経由しなければならない。
  ・株式は、買うときも・売るときでも、必ず「証券会社
   に注文をしなければならない」
  ・個人が買っても、機関投資家や仕手を含みます特定筋
   が買おうと、また、1株、1000株、100万株を
   買おうと、全て証券会社に、誰でもが、注文をしなけ
   ればならない。

と言う事は、市場を見ている方に、わからないように、こっそりと買い注文を入れても、全て「出来高」として現れてくるのというです。
これが株式市場の最大の盲点でもあり、これからこの盲点を利用し、確立を上げようというのが、このコーナーなわけです。

復習しましょう。
いくら情報を取ろうとしても「材料とは」で説明しましたように、限度があり、逆に、特定の人しか知り得ないものは、一部の市場関係者、また、一部の個人、一部の情報機関に、絶対に流れるはずが無いということです。
このような事を申せば「そのような事は無い」と申される方もいらっしゃると思いますが、よく考えてみてください。
今の時代インサイダーとして、行なってはいけない危険な行為が、漏洩するはずが無く、それを特に「情報を入手しました」等のように、あたかも情報を前面に出しながら行なっている情報機関もあるようですが、「あり得ない事」と踏まえたほうが得策です。
そのような入手不可能な情報の収集に時間を費やすより、株式市場での大事な点は、どのような情報でも、仕手の思惑であろうと、大口の思惑であろうと、買いを入れれば、出来高に現れると言う株式市場の盲点の現実を身に付ける事です。
もう少し復習しましょう。
その注文の中には、個人の買い(少数量)または、機関投資家(生命保険・銀行・ファンド・等など)などがあります。
このブログをご覧になっています方は、もうお気づきになりましたね。
出来高の中身は、誰が買おうと良いわけで、それよりも重要なことは過去の日々より(特に前日よりも)多くの買い株数(大量玉)が入ったという足跡を知れば良いわけですね。
ということは、あとはこの買いを入れた足跡が、下値の位置なのか、横ばいの状態、また、上昇途中、下降途中の買いなのかを目で確認すれば良いのではないでしょうか。

結論は、仕込み玉(増加した買い玉)の注意とその入った時点の株価推移(値位置)の2点を集中的に研究すればよいと言う事になります。
[PR]
by beppu600 | 2007-09-05 17:22 | 実践に役立てるために

6

本日は、テクニカルのまとめをしましょう。
ここまで、私のテクニカルの分析の考え方と急騰銘柄を選定する方法の一部を公開しました。
株式はプロもアマもありませんから、是非、今回申しました株式の考え方を理解して頂きましたら、私と同じく選定が出来ます。
皆様と違う点をあえて探しますと、株式の指導が私の仕事の為、これまで申しました事をパソコンで自動的に検索をかけるシステムを持っている点だけで、全て私が行っている事を正直に公表致しました。
株式は「プロもアマもない」。
これまで申しました(1から10)考え方は、プロもアマもないことを特に意識してください。

さて、仕込みの時期をまとめますと、

1.出来高が前日よりも倍、または、一桁急増した銘柄を事前にピックアップしておくこと。
2.出来高ができた時点の銘柄で値位置が良いものを選ぶこと。
3.出来れば好きな指標も参考にする事。

この3点が兼備わっているモノだけを選んでいただければ、私と同様に銘柄の選定が出来ます。
是非、投資成果につなげていただければ幸いです。
[PR]
by beppu600 | 2007-09-05 17:14 | 株価は出来高と値位置