投資顧問・別府孝男の株の話

1

前回までは、「自分で銘柄選定をするは」の心構え1と心構え2・心構え3を行ないましたが、本日は、「自分自身の腕を磨く」のタイミングの見つけ方を勉強いたしましょう。

タイミングとはどのような事なのか。
講演会などでの一番多い質問は「安いところで買いたい」「なるべく高い位置で売りたい」という株式本来の事を、全ての方がおっしゃいます。
一口で安い所・高い位置と申されても、どの位置が安い・高い所なのでしょうか。

原則
・買いたいとき
 安値:どこからの期間の範囲の中の安値なのでしょうか。
 底値:上昇してからでないと底はわかりません。

・売却する時
 高値:どこからの期間の範囲の中の高値なのでしょうか。
 目標値:上昇してからでないとわかりませんが、ある一
     定のやり方はあります。

上記の事を疑問を持ち、そして理解できる方は、株式に向いており、きっと投資成果を上げられるタイプの方です。
次回は上記のことを一つ一つ詳しく説明していきます。
(前回の心構え1〜3は、迷った時・株式の考え方がわからなくなった時に再度お読みください。きっと役に立って頂けます。)
[PR]
by beppu600 | 2007-03-16 18:59 | 自分自身の腕を磨く